(株)富士通システムズアプリケーション&サポート

(株)富士通システムズアプリケーション&サポート

当社は、富士通グループのクラウド事業部が分離独立し、2013年12月に設立された新しい会社です。一事業部として扱っていたクラウドサービスを会社として重点的に強化していくために、新会社としてスタートしました。これまで培ったノウハウ・実績を基に、専門分野の業務アプリケーションと、サポートサービス、データセンターサービスを統合し、多くのお客様へワンストップでクラウドサービスを提供しています。

 

法人番号9370001023921
所在地 郵便番号030-0192
所在地 住所青森県青森市大字野木字山口245-9
所在地 エリア東青(青森市、東津軽郡)
業種IT関連・情報サービス業
設立2013年12月
資本金1億円(富士通㈱100%出資)
売上69億円(2019年3月)
従業員数281人
事業内容●アプリケーションサービス

「図書館アプリケーションサービス」と「共通業務サービス」を提供しています。



・図書館アプリケーションサービス

国立、都道府県立および大学の図書館を担当する富士通(株)とともに、同社は市町村立および公立学校の図書館を担当する形で富士通の図書館アプリケーション「WebiLis」「iLiswing」「LS@SCHOOL」「SLIB-OD」などのカスタマイズ導入を手がけています。日本全国のシステム化されている当該図書館約1,400カ所のうち約600カ所に導入し、40%以上というトップシェア。さらに、海外進出もスタートさせ、現在までにマレーシアの4図書館に導入しました。今後、ネットワークインフラの整備や教育に力を入れる東南アジア諸国にも広げていく方針です。



・共通業務サービス

あらゆる業種で利用できる、SaaS型Webメールサービスおよび情報共有ツール(グループウェア)の「FUJITSU Security Solution SYNCDOT」や、高機能CMSと運用サポートのワンストップサービス「CMSクラウドサービス」などを提供。高度なセキュリティを求めるユーザーを中心に導入しています。



●サポートサービス

富士通グループで培ったクラウドに関わるノウハウを活用し、顧客へのクラウド環境の導入および運用サポートを提供しています。



・クラウド導入コンサルティングサービス

顧客のニーズに応じた最適なクラウド環境(IaaS)の導入コンサルティングから、パブリックおよびプライベートクラウド環境の構築、OS・ミドルウェア・セキュリティの各サポートを行っています。



・運用サポートサービス

クラウド基盤およびクラウド上に構築した業務システムの運用、監視、トラブル解決などをトータルにサポート。インシデント対応においては、24時間365日、システム障害とセキュリティ面の両面で対応し、お客様の安心・安全に繋げています。



サポートサービスにおける当社の特長は、“総合ITベンダー”である富士通グループの一員として、顧客のあらゆるシステムニーズに応えられるところにあります。その中にあって、当社は様々なIaaSやクラウドサービスに精通しているという“尖った”強みを持ち、スキル・サービス・コストのそれぞれにおいて競争力を発揮しています。